HOME / 施工動画

よくあるご質問(FAQ)

販売

どこで買えますか?
最寄りの建材店にて、購入できます。 建材店にお心当たりが無い場合は、ご連絡下さい。

セット品のばら売りは、していますか?
ばら売りはしていません。 セット品にてご購入ください。

品質

製品の使用期限は?
製品により異なりますが、製造日より3か月から6か月です。   

凍結したモルタルの強度は?
凍結の度合いにもよりますが、モルタルが硬化前に凍ってしまいますと、通常強度の2~6割程度の強度となります。 凍結した箇所はすべて取り除き、補修が必要となります。

塗料製品が凍ってしまいました。 溶かせば使えますか?
塗料製品は施工、保管とも5℃以上を推奨しています。一度凍ってしまいますと、成分の樹脂が壊れてしまう為、その後、溶けたとしても使用する事はできません。

色のある製品について

特注色はできますか?
はい、できます。 但し、セメント系製品は最少600㎏以上など、最少生産ロットに制限があります。また、色によりご希望にそえない場合がありますので、ご相談ください。

サンプルはありますか?
はい、製品によりますが、ご用意できます。 ご用意できない製品もございますので、お問い合せください。

床材

チチブ床用SL

SL床用の1立米あたりの使用量は?
61袋です。

チチブカラコン

カラーコンを施工したところ色ムラができてしまった。手直し方法はありますか?
同色のトップコート(当社製品:ニューフロアート、水性カラーワックスⅡ)を塗ります。質感はペンキのような仕上がりになります。

半たわみ性舗装

チチブカラ―スタッフ

どのような種類がありますか?
普通タイプ、早強タイプ、超速硬タイプの3タイプがあります。交通開放時間によりお選び下さい。 その他、特殊品もご用意できます。

無収縮モルタル

チチブベースタイト

ベースタイトグラウトとパッドの違いは?
グラウトは、流動性のあるモルタルになります。 パッドは、流動性がありませんので、木ゴテ、金ゴテ施工に適した固練りモルタルとなります。

ベースタイトグラウトNの加水量は? 出来上がり量は何リットルですか?
1袋(25㎏)に対し、水の範囲は4.25ℓ~4.75ℓ(標準加水量4.5ℓ)です。練混ぜ水量は、気温、水温、練混ぜ量、ミキサー等の種類により異なります。試し練りを行い、規定のコンシステンシーをご確認下さい。(カタログ参照)
1袋あたりの出来上り量は、約13.4ℓです。

外壁材

軽量モルタル

使用量は?
1袋あたりの塗面積は次の通りとなります。 練混ぜ水量、施工塗厚により塗面積は異なります。家モル 1袋あたりの水量8.5ℓの場合15mm厚 : 約1.7m²/袋16mm厚 : 約1.6m²/袋
チチブ FLモルタル 15mm厚 : 約1.8m²/袋 16mm厚 : 約1.7m²/袋

チチブエーセルリシン

エーセルリシンを塗り放し仕上げできますか?
物性には影響しませんが、細かいクラックが見える場合がありますので、適しません。

エーセルリシンの骨材は、寒水石以外でも使用できますか?
寒水石以外でも、施工可能です。 骨材の大きさは、5~7厘が適しています。

基礎材

天端レベリング

使用量は?
1袋あたりの打設基礎長さは次の通りとなります。基礎幅、打設厚さ、練混ぜ水量により、打設基礎長さが異なります。 【条件】 基礎幅12cm、施工厚さ10mm、練混ぜ水量7ℓの場合・ジャストレベラー・・・・・・13.3m
・スーパー天端プラス・・・・・13.7m ・スーパー天端・・・・・・・・13.7m その他の条件の時は、カタログおよび製品袋の裏面をご参照ください。

基礎塗装システム

基礎塗装システムとはどんな製品ですか?
住宅コンクリート基礎に塗布する弾性美装仕上げ材です。弾性タイプの為、コンクリートに発生するクラックを防ぎます。無吸水ですのでコンクリートの耐久性が向上し中性化からコンクリートを守ります。

Fコートを施工する場合、下地はどの様にしたらいいですか?
Fコートは塗り厚さが1mm程度ですので下地段差、ジャンカ等は専用補修材で平滑に仕上げます。補修が不十分ですと仕上げ面に段差等が出てしまいますので、ご注意ください。

Fコートトップだけで使用できますか?
Fコートベースと併用することにより、所定の性能を発揮しますので、おすすめできません。Fコートトップのみを使用されますと、膨れ等が発生する場合が有りますので、お避けください。

Fコートトップの使用方法を教えて下さい。
缶の上を切り、ハンドミキサーを使い、よく練り混ぜてください。その際、水での希釈は必要ありません。専用容器に入れウールローラーで縦・横のクロス塗りをしてください。

コンクリート製品

PMP

PMPとベースホールは、どこが違いますか?
PMPは、簡易ジャッキ施工の沈下圧入方式です。ベースホールは、専用圧入機を使用した回転圧入方式となります。
ページトップ